有限会社スマイルグループ

なとちゃん 女王伝説名草山



名草山の女王「名草戸畔」って?


名草戸畔(なぐさとべ)[?ー 伝 紀元前663年6月]は、日本書紀や和歌山市の 伝承に登場する神武東征と戦った人物である。伝承によると女性とされる。
名草戸畔は日本書紀での名で、地元では名草姫(なぐさひめ)とも。
また一説に、名草戸畔とは特定の人物の名ではなく、「名草の長」という地位を表す 言葉であるともいわれている。
名草邑(のちの名草郡あたり、現在の和歌山市名草山周辺)の統治者だった。
しかし、神武東征で進軍中だったイワレヒコ(のちの神武天皇)との戦いで戦死した。

日本書紀では、「巻第三 神武天皇即位前紀 戊午年六月」冒頭に記載がある。

「旧暦6月1日 軍が名草邑に着き、そこで名草戸畔という名の者(戸畔はトベと読む)を誅殺した。」(元漢文)

これが正史に記載された、名草戸畔や名草邑に関する唯一の記述である。
紀元前660年とされる神武天皇即位の3年前のことで、神武の兄五瀬命の死の後、狭野を越え 熊野神邑から再度海路を征く前の話である。

また、地元の伝承は次のようにも伝える。
熊野古道を現海南市に少し入ったそばのクモ池周辺が戦場になった。
名草戸畔はここで殺され、頭、胴、足(脚の意か)が切り離された。

名草の住民により、頭は宇賀部(うかべ)神社(別名おこべさん)、胴は杉尾神社(別名おはらさん)、足は千種神社 (別名あしがみさん)に埋葬された。

和歌山市のいくつかの神社は名草姫命(名草戸畔なのか?)と名草彦命を祀っており、その本社は吉原の中言神社である。 名草姫命と名草彦命の関係ははっきりしない。

とにかく、謎の人物である。2010年作家でイラストレーターの「なかひら まい」さんによって「名草戸畔~ 古代紀国の女王」が発刊されたことをきっかけに地元和歌山だけにとどまらず、多くの人たちが、この名草戸畔に 古代ロマンへの思いを馳せている。

といった、地元名草山に伝わる名草戸畔の伝承に基づいて創作されたゆるきゃらが「なとちゃん」です。

名草戸畔ゆかりの地

宇賀部神社(海南市小野田917)
名草戸畔の頭を祀るとされ「おこべさん」の愛称で親しまれている。頭病平癒の神として尊崇されてきたが、 学業成就や合格祈願に訪れる人も多い

杉尾神社(海南市阪井1858)
「おはらさん」や「はらかたさん」と呼ばれている。お腹の守り神として尊崇されている。高台にあって 濃厚な木々のにおう社である。

千種神社(海南市重根1125)
小高い丘の上に鎮座している質素な感じの古い神社で「あしがみさん」とも呼ばれている。お地蔵さまを 巻き込んだと言われる老楠や、ご神木の檜もすごいと評判。

中言神社(和歌山市吉原)
名草姫命、名草彦命の二神を祀る、中言神社の元の宮。縁結び、家内安全、陰陽和合の神として崇拝され ている。

竈山神社(和歌山市和田438)
ナガスネヒコとの戦いによってこの地で亡くなった神武天皇の兄、五瀬の命(いつせのみこと)を祀る。 荘厳な社が印象的である。

紀三井寺
名草山中腹にある大名刹、桜の名所でもある。境内から和歌浦湾を一望できるビュースポットとなって いて、参詣のお客は後を絶たない。名水百選の三井の吉祥水はぜひ訪ねて欲しい。

名草山
名草山(標高228.7m)はかって、名草戸畔が率いた名草王国の象徴であり、人々が崇める神の山でも あった。現在は、紀三井寺の山としてその名を知られている。
また周辺には「名草戸畔」ゆかりの神社が点在しており、まさに古代ロマンがぎっしり詰まった「宝の山」と なっています。頂上からの眺めは絶景














スマイルグループHP